TEL 

TEL


大阪梅田院

0120-3888-67

心斎橋院

0120-3888-18

カウンセリング予約

「藤川貴央のクリニック・レポート」第5回

OBCラジオ大阪 出演回アーカイブ

「藤川貴央のクリニック・レポート」第5回アーカイブ

大阪梅田フェミークリニック 院長 井畑 峰紀

放送日
2020/03/28

出演
大阪梅田フェミークリニック 院長 井畑 峰紀

主な内容
「ニキビについて」


ニキビとは

藤川アナ
今回のテーマは10代の一番大きな悩みと言ってもいいかもしれません。ニキビについて詳しくお話を伺います。私も中学、高校の時ニキビに悩みました。先生、ニキビとはそもそも何か、どうしてニキビが出来るのか教えていただけますか?

井畑先生
ニキビは日本名で尋常性痤瘡という名前で呼ばれています。

藤川アナ
尋常性痤瘡という名前がついているのですか?

井畑先生
略して痤瘡と呼ぶ場合もあります。

藤川アナ
初めて本名を知った気持ちですね。

井畑先生
由来としては脂腺性毛包と言う、顔やデコルテ、背中によくある毛の周りに脂が溜まりやすい場所があります。

藤川アナ
脂腺性毛包とは何ですか?

井畑先生
毛の一種なのですが、その周りに皮脂腺というものがあります。そこに慢性的に炎症が起こったものがニキビと言われる病態だと思います。

藤川アナ
とにかく脂が分泌されてそこから炎症が起こり、あのボコッとしたものになるわけですね。

井畑先生
そうですね。


ニキビができる原因

藤川アナ
人によっては全くニキビが出来ない恵まれた人もいますし、たくさん出来る人もいますが、なぜこのような差があるのでしょうか。

井畑先生
はっきりとしたものはないのですが、差が出来る理由としては次のようなことが考えられます。ニキビが出来る要因は1つではなく、4つ、5つと色々な要因があるので、それが重なり合って出来るのかと思います。

藤川アナ
その4つぐらいの要因は具体的にはどういうものなのでしょう?

井畑先生
皮脂の分泌が亢進するような状態です。例えばスキンケアが合っていない、睡眠不足、便秘、あとは強いストレスや、女性であれば月経絡みなど色々な要因があります。また食事なども関係があるのではないかと言われています。

藤川アナ
とても複合的ですね。

井畑先生
そうですね。ですので、10代でニキビがまったくなかった方でも、20代30代から急に出てきたというケースもあります。

藤川アナ
大人になってから出来るニキビと10代の思春期の時に出来るニキビは根本的に別物なのですか?

井畑先生
そうです。


大人ニキビと思春期ニキビ

藤川アナ
この大人になってからできるニキビと10代の思春期の時に出来るものっていうのは根本的に別物なんですか?

井畑先生
根本は別ではないかもしれませんが、出来る部位などが少し違います。思春期に出来るニキビはTゾーンと言って、額や鼻に多いです。思春期後に出来るニキビはUゾーンと言って、頬やフェイスラインに多いと思います。

藤川アナ
出来る場所が違うのですね。場所が違うといえば、顔だけではなくて背中などに出来ることもあります。これはどうしてなのですか?

井畑先生
そうですね。背中の場合はやはりスキンケアをすることがなかなかないと思いますので、とても乾燥気味になることが原因の1つだと思います。

藤川アナ
確かに背中に化粧水や乳液を塗っているという話はほとんど聞かないですよね。では、保湿してあげるとだいぶ違うのですか?

井畑先生
外がある程度潤ってくると、中にある脂腺性毛包の周りの皮脂腺がある程度退縮しますので、そうなると出来にくくなると思います。

藤川アナ
先ほど大人ニキビの話がありましたが、思春期のニキビは大体何歳ぐらいまで出来て、大人ニキビはどれぐらいの年齢までというのはありますか?

井畑先生
やはり思春期のニキビは中学、高校ですね。女性の方は小学校の高学年ぐらいから出来るかと思います。大人のニキビは20代から30代になると思います。皮脂腺は40歳を超えてからかなり減少すると言われていますので、アラフォー前後の方でも多少出来る方がいます。

藤川アナ
そうですか。40歳になってニキビが出来たら、友達に「若いなお前」と言われそうですね。

井畑先生
ニキビと違う病態の場合もあるので、それがニキビかどうかをしっかり見極める必要はあると思います。


男性と女性でできるニキビの違い

藤川アナ
それは大事なことですよね。やはりお医者さんに相談するのが一番いいですね。ニキビの出来やすさに男女差はありますか?

井畑先生
すみません。はっきりしたものはわかりません。しかし、出来はじめる年齢は女性のほうが少し早いのではないかと言われています。

藤川アナ
僕も随分悩みました。どちらかというと男性のほうが重症化している人が多いイメージがありますが、そういうことはありますか?

井畑先生
男性のほうが重症化しているイメージはあります。やはりスキンケアを覚える機会がなかなかないことも1つの要因だと思います。あとは若い時の勲章と考えて放置されている方も結構いるので、ある程度ニキビが悪化してきたらやはり医療機関を受診されるのがいいかと思います。


ニキビを誘発する食べ物

藤川アナ
確かに男性はニキビが1個出来たぐらいでは対処しないかもしれないですね。女性の場合、「うわー、1個出来た」と急いでビタミンを取ろうとか、スキンケアしようとか、顔洗おうと言うかもしれません。生活習慣、食べ物、睡眠なども大きく関係してくるのでしょうか。

井畑先生
そうですね。食べ物や睡眠は関係あると思います。

藤川アナ
やはり脂っこい物ですか?

井畑先生
一般的にチョコレートや乳製品、ナッツなどと言われていますが、まだ特定の物は同定されていません。ドクターが色々研究をされて論文が出されていますが、因果関係というのははっきりしていません。

藤川アナ
そうなのですか。

井畑先生
ただ特定の物を食べると肌の状態が悪化するものがあれば、それは避けましょうという感じにはなっています。

藤川アナ
本人の体質的に合わないという部分も多いでしょうね。

井畑先生
多いと思います。

藤川アナ
ご本人がポテトチップスを食べた翌朝にはニキビが1つ出来るとわかっているなら食べないでおこう、ということですね。

井畑先生
そういうことです。


ニキビができたときの対処方法

藤川アナ
なるほど。どうしてもニキビが出来ると気になって潰してしまうというのが人情かと思うのですが、やはり潰すとだめなのですか?

井畑先生
そうですね。基本的に潰さないほうがいいと思います。ニキビに限らず、蚊に刺されたときも、ひどく掻くと跡が残ることがあると思います。

藤川アナ
掻いたり、爪で十字に跡をつけたりします。

井畑先生
そうなるとやはり跡が残るので、刺されたところを放っておくと意外とよくなることも経験的にわかるように、ニキビの場合も基本潰さないほうがいいと言われています。

藤川アナ
とにかく触らないということですね。

井畑先生
そうですね。自分では触らないほうがいいと思います。

藤川アナ
女性の場合、ニキビの上から化粧をしても大丈夫なのですか?

井畑先生
基本的には肌を休めてあげた方がいいと思いますが、女性の方に化粧をするなというのは少し難しいですよね。やはり外出やお仕事、遊びに行く際はお化粧されていますので、おうちに帰ったら素早く落としてスキンケアをするのがいいと思います。

藤川アナ
やはりお休みの日などに一切化粧せずに過ごすという、休肝日ならぬ休肌日を設けるのもいいかもしれません。

井畑先生
いいと思います。


しつこいニキビを改善する方法

藤川アナ
ニキビはとてもしつこいものですが、治そうと思えばきちんと治るものですか?

井畑先生
昔より色んな方法が開発されて治療法もありますので、少し覚えてもらうことはありますが、そういうことをしっかり覚えるとニキビが出来にくくなってくると思います。

藤川アナ
やはりこれも根気よく継続していかないといけない部分は大きいのでしょうね。

井畑先生
そうですね。根気強さは少し必要かなと思います。あとは考え方です。例えば、今まですごくニキビで悩んでいて、スキンケアが間違っていたとします。そこで我々がこっちに変えたほうがいいとアドバイスするのですが、その通りだと思えないと難しいですね。自分の方法で肌が悪くなっているので、考え方の問題があるかもしれません。

藤川アナ
素直さということでしょうか?

井畑先生
そうですね。

藤川アナ
次回はフェミークリニックでのニキビ治療法にフォーカスしていきます。今ニキビで悩まれている方はドラッグストアに行くと色んな洗顔料や塗り薬がありますが、とにかく一度お医者さんに相談することが一番の近道だと思うのですが、先生はいかがでしょうか。

井畑先生
仰る通り、相談していただけるのが一番いいのかなと思います。

藤川アナ
違う病気の可能性がありますよね。悩んでいる方はまずお医者さんに相談して自分に合った方法を探し、先生と一緒に治療していくということですね。今日は大阪梅田フェミークリニック院長の井畑峰紀先生にニキビについてお話を伺いました。井畑先生どうもありがとうございました。

井畑先生
ありがとうございます。


TOP