TEL 

TEL


大阪梅田院

0120-3888-67

心斎橋院

0120-3888-18

カウンセリング予約

医療脱毛の痛みについて

医療脱毛

医療脱毛は痛みを感じやすい?仕組みを解説

医療脱毛は痛みを感じやすい?仕組みを解説

「医療脱毛って痛いイメージがあるけれど本当?」
「痛みに弱い人でも大丈夫なの?」
「脱毛サロンに通ったけれど効果がなかった。でも、医療脱毛は痛そうで怖い……」

など、医療脱毛に興味があるけれども、痛みが怖くて踏み切れないという方も多いでしょう。

医療脱毛には多少の痛みが伴いますが、きちんと対策を行えば痛みを軽減することが可能です。

ここでは大阪梅田・心斎橋フェミークリニックが医療脱毛の痛みについて詳しく解説いたします。
痛みについて詳しく知りたい方、痛みが心配で医療脱毛を踏み出せないでいる方は参考にしてみてください。

医療脱毛の痛みは輪ゴムで軽く肌をはじく程度

医療脱毛の痛みは輪ゴムで軽く肌をはじく程度

一般的に、医療脱毛で感じる痛みは「輪ゴムで軽く肌をはじく程度」と表現されています。

ただし、痛みの感じ方には個人差があり、脱毛部位やムダ毛の濃さ、量などによっても程度が異なります。
レーザーは毛の黒い色に反応するため、太くて濃い毛であるほど痛みが強くなります。
逆に、細い毛や産毛などは黒い色が少ないため、痛みが弱くなります。

いずれにせよ、耐えられないほどの痛みを感じることはほとんどないとお考えいただいて大丈夫ですので、ご安心ください。

医療脱毛が痛い理由とは?

脱毛サロンとは使用する脱毛機器が異なる

脱毛サロンとは使用する脱毛機器が異なる

脱毛サロンでは、光脱毛を用いて施術が行われています。
これはフラッシュ脱毛とも呼ばれていて、写真のフラッシュのような光を肌にあてる脱毛施術になります。

光脱毛で使用する脱毛機器は医療レーザーに比べて照射出力が弱く、毛根にダメージをあたえる程度のパワーしかありません。
そのため、脱毛サロンなどで行う光脱毛は痛くないと言われることがあります。

一方、医療レーザー脱毛はムダ毛への作用が強いため、その分痛みも強くなっています。

レーザーがムダ毛に含まれるメラニン色素に反応して熱が生じるときに、毛穴周辺の皮膚にも熱が伝わると痛みが発生します。


発毛組織を破壊する医療行為であるため

発毛組織を破壊する医療行為であるため

医療脱毛が痛い理由は、使用するレーザー脱毛機器の仕組みにあります。

十分な脱毛効果を得るには、毛を生やす元となる毛母細胞と毛乳頭という2つの発毛組織を破壊する必要があります。

医療レーザーを使用すればしっかり「毛母細胞」と「毛乳頭」にエネルギーが反応し、発毛組織を破壊する事ができます。
高い脱毛効果が期待できますが、その分痛みも生じるということになります。
発毛組織を破壊する医療脱毛は医療行為であるため、美容皮膚科など医師が常駐する医療機関でしか行うことができません。

痛みを軽減するためにできること

医療脱毛では、肌の状態によって痛みが増してしまうことがあります。
以下の対策を行うことで、痛みを軽減する事ができます。


日焼け対策をする

日焼け対策をする

日焼けをすると、紫外線などの刺激から肌を守ろうとして、皮膚内部に黒いメラニン色素がつくられます。

脱毛に使用する医療レーザーは黒い色素に反応するため、日焼けするとレーザーが肌のメラニンにも反応してしまい、痛みを感じやすくなります。

そもそも、日焼けをしているお肌は、すでに熱が加わって軽い炎症を起こしている状態です。
そこにレーザー照射を行うと、炎症ややけどをさらに悪化させる恐れがあります。

痛みや炎症のリスクを抑えるため、脱毛期間中は日焼け止めや日傘などを使用しましょう。
できるだけ紫外線を避けて日焼けをしないよう十分に対策をしてください。


乾燥しないよう保湿ケアを行う

乾燥しないよう保湿ケアを行う

乾燥している状態の肌は、潤いのある健康的な肌と比べて肌のバリア機能が低下しています。
そのため、外部からの刺激を受けやすく、肌トラブルを起こしやすくなっています。

この状態でレーザーを照射すると、正常な状態であれば熱を吸収してくれるはずの水分が足りていないため、皮膚の細胞に刺激が直接的に加わり、痛みを感じやすくなってしまいます。

脱毛期間中は、いつも以上にしっかりとした保湿ケアを行うよう心がけましょう。


生理中の脱毛は避ける

生理中の脱毛は避ける

生理中はホルモンバランスが乱れやすく、普段よりも肌が敏感になっているため、レーザー照射による痛みを感じやすいです。
施術後には炎症や肌荒れも起こしやすくなります。

痛みに不安を感じる方は、生理中の脱毛行為を避けたほうがよいでしょう。
可能であれば、生理が来そうな日をあらかじめ避けて予約を入れることをおすすめします。

痛みの少ない施術なら美容皮膚科フェミークリニックへ

肌質や毛質に合わせた医療レーザーの選定

肌質や毛質に合わせた医療レーザーの選定

大阪梅田・心斎橋フェミークリニックでは、長年の脱毛経験と豊富な症例実績を元に、さまざまな肌質や毛量、脱毛部位に合わせて柔軟に施術を行っています。

当院では、性質が異なる複数のレーザー脱毛機器を導入しています。

その中から、患者さまお一人おひとりの肌質や毛質に最適な脱毛機器を選定し、丁寧な施術を行っております。

他のクリニックやエステサロンで施術を断られた敏感肌・アトピー肌の方でも、大阪梅田・心斎橋院であれば症状に影響が出ない範囲で対応が可能になりますので、ご相談ください。

痛みに不安があるという方には、麻酔クリームもご用意しておりますので、お気軽にお申し付けください。


部位によって照射レベルを調整

部位によって照射レベルを調整

大阪梅田・心斎橋院では痛みを軽減するために、患者さまがご希望の脱毛部位に合わせて使用する機器を変え、医療レーザーの照射レベルを調整することを心がけています。

とくに、メラニン色素が多く含まれているVIOやワキは、医療レーザーが反応しやすいため、照射レベルの調整を行うことによって痛みを軽減することができます。

施術時には患者さまへのお声がけを丁寧に行い、次の行動をお伝えしながらレーザー照射を進めることで、痛みを緩和できるよう努めております。


痛みに不安な方のお気持ちに寄り添うために

痛みに不安な方のお気持ちに寄り添うために

医療脱毛の痛みは、医療脱毛を実際に経験した人でないとわかりません。

大阪梅田・心斎橋フェミークリニックでは、施術を行う全員のスタッフが医療脱毛を経験しています。
だからこそ患者さまと同じ目線に立ち、痛みへの不安や心配に寄り添った丁寧な施術を行うことが可能です。

施術中に痛みへの不安を感じたときは、遠慮せずにスタッフへお申し付けください。

TOP