TEL 

TEL


大阪梅田院

0120-3888-67

心斎橋院

0120-3888-18

カウンセリング予約

ニキビ跡治療のよくある質問

ニキビ跡治療

Q&A

Q

ニキビ跡とはどんなも状態のものですか?

A

ニキビが色素沈着によりシミになったもの、黒ずみやクレーターになったものを指します。
ニキビの症状が比較的軽い場合は跡にならずに治癒しますが、重度のニキビを放置したり治療方法を誤ると跡として残ることがあります。

Q

ニキビ跡治療に痛みはありますか?

A

治療によっては、多少の痛みを感じることがあります。
PRP治療(再生治療)・TCAピーリング・ダーマペンは、治療前に麻酔を使用しますので、ほとんど痛みを感じることはありません。
その他の治療に関しては、熱感やヒリヒリ感を感じる事が多少ありますが、我慢が出来ないほどの痛みはありません。

Q

リスク・副作用はありますか?

A

患者さまの症状やお肌状態・治療内容によって違います。
大阪梅田・心斎橋フェミークリニックでは、比較的ダウンタイムの少ない治療メニューを取り揃えています。治療によっては、施術直後でもほとんど赤みが出ない治療から、赤みや熱感・内出血が2~3日間程度続く治療もあります。
患者さまのライフプランに合わせた治療をご提供いたします。

Q

どのくらいの期間通院が必要ですか?

A

患者さまの症状や満足度によって異なりますが、だいたい3~6か月です。
2~3週間おきの治療が目安となります。
深いクレーター症状の場合は、さらに6か月程度の通院が必要とお考えください。

Q

ニキビ跡はスキンケアで解消しますか?

A

一度ニキビ跡になってしまうと、セルフケアでキレイに治す事はほぼ不可能と言えます。
特にクレーターになってしまうと、病院での治療以外で目立たなくすることは非常に難しいです。放置期間が長くなると治療期間も長くなります。
早期に医療機関へご相談されることをおすすめします。

Q

ニキビとニキビ跡が両方あるのですが、治療は可能ですか?

A

並行して治療することも可能です。
来院される患者さまの多くが、現在お顔に発生しているニキビと、ニキビ跡が両方あって治療をスタートする方ばかりです。
お一人おひとりの症状にあわせて最適な治療法を提案します。

Q

ニキビ跡のクレーターを目立たなくすることは出来ますか?

A

美容皮膚科の治療であれば、凹んだニキビ跡のクレーターも目立たなくすることが可能です。
ニキビ跡のクレーターにもいくつか種類があるため、症状に併せた治療が必要となります。
クレーター状のニキビ跡は、自然に治ることはありません。また、コンシーラーなどのメイクで隠すのにも限界がありますので、早めの治療をおすすめいたします。

Q

ニキビ跡の黒ずみ・色素沈着は治せますか?

A

症状にもよりますが、ニキビ跡の黒ずみ・色素沈着もキレイに治療することができます。
基本的には、数回の治療を継続していただくことで、徐々に黒ずみ・色素沈着が薄くなってきます。治療中は、紫外線に強く反応するため、いつも以上に日焼け対策を行ってください。

Q

ニキビ跡は再発しますか?

A

完治していれば、ニキビ跡が再発することはほとんどありません。
しかし、スキンケアや生活習慣が乱れると、再発することも考えられますので、紫外線対策や保湿対策を始めとして、食生活や睡眠などの改善も必要となります。
美容皮膚科 大阪梅田・心斎橋フェミークリニックでは、ニキビ跡が再発しにくいお肌状態へ改善する治療を行っております。

Q

ニキビ跡治療に保険は使えますか?

A

美容目的の治療に保険は適用できません。
美容皮膚科である当院では、高い効果が見込める治療法を組み合わせておりますので、保険診療では改善が難しい症状でもしっかりと治療いたします。

皮膚科に通っても改善されなかったお悩みでも、ぜひご相談ください。

TOP